FAXコピー機のリースを解約する際について – FAXリースのなんでもまとめ!

HOME » FAX情報 » FAXコピー機のリースを解約する際について

FAXコピー機のリースを解約する際について

コピー機をリースするという方法は多くの企業で行われている方法です。
購入するとかなりお値段が高くなってしまいますし、様々な手間もかかってしまいますが、リース契約ですと手間はリース会社が負担してくれますし値段も月額料金で支払うことになりますので初期費用が掛からないという点ではメリットであるといえるでしょう。
そんなFAXコピー機を購入せず、リース契約を行った際の解約をするときについての説明です。

リース契約を行った場合は最初に契約をした契約期間中はリース料金を支払い続ける必要があります。
ですので本来であれば契約期間が満了するまで借りておくべきものなんですね。
ですが途中で解約することもできます。
本来であれば契約期間はリースしなければいけませんし、中途解約はできないというケースも多いです。
ですが条件次第ではリース契約の期間中であっても契約期間が終了していなくても解約することができるのです。

その条件として解約する際には残りの期間分のリース料金を全額清算しなくてはいけません。
途中で解約したら支払いもそこで終わりというわけではないのです。
というのもFAXコピー機のリースはリース業者が商品を仕入れてからリースを行うものです。
中途解約をした場合、その商品を他に回すことができなくなり中途解約ができないと基本的には定められています。
ですがどうしても中途解約をしたいという場合には残りのリース料金を一気に全額支払うことによって中途解約することが可能です。

もちろんリースしていた商品は返品する必要があります。
ですのでその点を踏まえたうえで契約をするようにしましょう。
実際にリース契約をしてから使っている途中でやっぱり解約をしたいとなっても、期間中の解約では残りのリース金額を支払わなくてはいけないという事を知らなかったではいけないのです。
契約書などに記載されていることかと思いますし、最初に確認しておかないと後から大変な思いをすることになってしまいます。