FAX複合機の業務用の製品をリースするにあたって – FAXリースのなんでもまとめ!

HOME » FAXリース » FAX複合機の業務用の製品をリースするにあたって

FAX複合機の業務用の製品をリースするにあたって

業務用のFAX複合機を購入するとなるとかなりの金額が必要になります。
その機器自体のお値段もとても高いものとなりますし、また業務用FAX複合機は償却資産となるので固定資産税などの費用も別で必要となってきます。
また設置するのに手間がかかったりしますし、購入するとなると初期費用や手間がかなり掛かることになります。
ですから業務用FAX複合機はリースするという会社がとても多いです。

リースだとリース業者が必要な手間などを代行してくれますし、固定資産税の分も含まれた上でのリース料金となっていて、リースの料金は月額制度ですから月額料金を支払っておけばいいのでFAX複合機にかかるコストの計算もとても簡単に済ますことができるというメリットがあります。
また毎月の月額料金の支払いを経費扱いにすることができます。
月額料金が固定されているということもありランニングコストを把握することができやすくなるでしょう。
更に所有権は自分の会社ではなくリース業者にある為、減価償却費の手続きも不要ですし固定資産税の支払いも必要ありません。

また初期費用はなんと0円なんです。
もちろん月額分の料金の支払いはありますが、最初に大きな現金を支払うという必要がないので、会社を運営するための資金にその分回すことができるというメリットがあります。

ですがもちろんデメリットもあります。
月額料金なので安いというイメージがありますが、総合的に見てみると現金購入時よりも高額になってしまいます。
これは仕方がないことではありますが、でもどれぐらい高くなるのか、毎月のリース料金には何が含まれているのかという事は契約する前に必ず確認しておくようにしましょう。
また中途解約をすることが出来ないという点はデメリットと言えます。
一度契約すると解約することができません。
また残債を一括支払いすることによって契約を強制的に満了するという方法はありますが、契約した分の料金の支払い義務はあります。